第一は、ほぼ決まりました。
後は、直前に念のためボーダーを確認して、最終決定でしょう。

問題は第二です。



第二は、直前でもわからないですし、名前のなかったのが突然ジャンプアップする例年の傾向を見ていると、



センスで選ぶしかない。。。




かなぁ。



選択肢としては基本的に3つ。

1.サンデーの高額馬or牝馬
いままではディープ高額馬が第二で取れたんですが、今年はディープがほとんどいない。
第二で狙えそうな高額馬はかなり少なそうです。この戦法は、すこし難しくなりつつあります。

ロードカナロアの牝馬とかが狙い目でしょうか?
さらに言えば、ミスエルテとかインダクティとか、体重の少ない敬遠されそうな牝馬は残るでしょう。

あとは、高額なフォエヴァーダーリングとか?


2.社台牡馬
一部の人気血統を除けば、今年もサンデーの一極集中は間違いなしですので、第二が実質的な社台枠。

牡馬も買えると思われます。

現実的にはこの方向が狙い目かなぁ。

既に書いている良さげと思っていたスキアは、測尺をみたら少し小柄で心配になっています。

現在、考えていますが、あえて社台を狙うなら、ダートでいけそうな馬を選ぶのが懸命かな?とは思います。

てか、ダート血統じゃなくてもダート行く馬多いですけどね。
社台は。

去年のジュエラーのような飛び抜けて魅力的(私にとって)は、残念ながら今年はおらず。

候補が数頭いますので、絞っていきます。


3.外国馬
結構、怪しい血統(日本適性の意味で)の馬が残ってたりするのですが、今年はどうでしょう?
私は海外の馬は好んで取らないので、この選択肢はかなり薄いかな。

去年のサンデーは久々にシュネルマイスターやグレナディアガーズとか活躍しましたけど。
2年も続くかな?



ということで、すでに第二第三に興味は移っていますが、今年は何頭にしようかなぁ。



ブーケ引退、ディーコンセンテスが未勝利ピンチ、ラリマールースも微妙ときているので、補充しないといけないかもしれません。

あ、そういえば、ラリマールースは、札幌のダート1700mで3着に頑張ってくれました。

道中まくられて煽られた中で、まずまず踏ん張りました。まくった馬は差したし、人気で強い勝ち馬以外の追撃も抑えました。

滞在中にもう一戦してほしいですが、足が持つかどうか。

がんばれー

FullSizeRender