いやーーー、嬉しい!!!



サインオブサクセスが、中山芝2000mの新馬戦を快勝しました!


ディアスティマの戦線離脱もあり、意気消沈中のオフサイドトラップ厩舎にとって何よりの朗報となりました。


レースを振り返ってみましょう。


まず大きかったのは、枠順。
ゲートの入りがイマイチだったのもありますが、何より偶数枠だったのはよかったですね。

お陰で、スタートはそこそこ無難に出ました。

FullSizeRender

でも、スタート直後に11番枠のフローレンスハニーがヨレて当たりそうになります。


ギリギリ当たらずに済んだ模様。
ゲートが離れる11-12番でよかった
FullSizeRender


道中はキタサンブラック産駒のソレントフレイバーが逃げますが、予想通りのドスロー。

17頭だてなので、さすがにもう少し早いかと思いましたが笑


でも、サインオブサクセスは中々ハミが掛からなかったようで、道中はチョイチョイと促しながらの追走。

武史もレース後にいっていましたが、まだまだ気性が幼く、レースをわかっていません。


FullSizeRender

それでも道中はうちにいる
ディープ×中内田×川田の黄金トリオでロード期待の新馬、
ロードレゼルをきっちりマーク。

ただ、スローペースで馬群がかたまり、狭い2列目真ん中をゴチャゴチャしながらも追走。
ちょっとキツそうでした。


FullSizeRender
勝負どころの3,4コーナーになってようやくハミがかかり、内のロードレゼルを見ながら押し上げていきます。


FullSizeRender

四コーナー立ち上がりでは、ロードレゼルをピッタリマーク。
そして、外に振らせないように、きっちりガード(武史上手くなりました)


幸い、前の4番エリオトローピオが抜け出し、外のコントディヴェールとの間に僅かな隙間が生まれます。

FullSizeRender

ここで、一瞬の脚を使い、瞬時にコース進路を確保。


FullSizeRender


お見事。


と思ったら、前のエレントローピオがいきなり内にヨレます。

そのあと、外に再度ヨレてサインオブサクセスに、当たります。(間違いなく当たってるな)

FullSizeRender




しかし、勢いは衰えず。







FullSizeRender

最後は伸びてきた内のロードレゼルを半馬身抑えで見事な新馬勝ちを見せてくれました。


やったね♪



いい競馬でした。
まだ下半身がかなり緩いとのことですので、のびしろ沢山ありそう


FullSizeRender


タイムを見ると、やはりペースの遅さが際立ちますが、残り800mから、


レースラップが
11.5-11.9-11.9-11.5-11.8と11 秒台連発。

サインオブサクセスの最後の3Fは、
34.9秒なので、レース上がりより0.3秒はやいです。いい競馬でした。

FullSizeRender

武史の新馬戦でのガッツポーズ♪
川田を封じて、関東の意地達成。
上手く乗れたという証明でしょう。







この勢いで、来週はヴェールランスもデビューします。
2週連続新馬戦勝ちと行きたいものです。