ヴェールランスの新馬戦にサドルという馬が出てきますが、昨日も書きましたが、


なんと母母シンハリーズ



サドルの母ポロンナルワは、シンハライトの姉となります。


つまり、シンハライトの甥っ子と、
ジュエラーの息子が対決するわけですね。





もちろん、近親だらけの日本競馬ですから、基本、親戚同士で戦ってるんですけど、
あの二頭の壮絶なデッドヒートは、ダイワスカーレットとウォッカに匹敵するものがありました。


もっとたくさん走ってくれればなぁ。





「シンハライト、ジュエラー、シンハライト、ジュエラー!

ま〜〜ったく並んでゴールイン!!!」


FullSizeRender


と、叫んだ檜川 彰人アナウンサーの桜花賞の名実況は有名ですね♪



ちなみにチューリップ賞もほとんど同じ実況でした笑

FullSizeRender


「シンハライト、ジュエラー、シンハライト、ジュエラー!

な〜らんで、ゴールイン!!!」




この時は、
「ま〜〜ったく」が無かったので、シンハライトが勝ったのが分かったのでしょうか?笑

マニアックですねぇ〜




この二つのレース。
振り返ると結果は、実況までほとんど同じの、ほとんど同じ着差で首の上げ下げで勝ち負けが決まったのですが、



直線入るまでの一度どりは、


ま〜ったく違ったレースでした。



チューリップ賞では、ジュエラーは中段で脚を溜め、シンハライトの内にいました。


FullSizeRender
このあと映像画面から消えてジュエラーとシンハライトが見えなくなるのですが、すこしジュエラーは蓋をされたような形で、外に出すのが遅れますが、うまくこじ開けてきます。

両馬ともに、1:32:8で上がり3Fが

究極の33.0で上がってきます。


未だにチューリップ賞のレコードタイムのレースでこの上がり。



あのハープスターが桜花賞(1:33:3)で出した上がりが32.9秒ですから、



どんでもない化け物が二頭もいたってことになります。



一方、本番の桜花賞では、対照的な位置どりとなります。

FullSizeRender


シンハライトは比較的前目の外。
ジュエラーは、ほぼ最後方からの末脚にかける競馬となります。



今回は何の蓋もなく、ジュエラーは大外に持ち出し、内で戸崎にブロックされまくるメジャーエンブレムを尻目に、最大のライバルシンハライト目掛けて突っ込みます!


FullSizeRender


結果はご存知の通り、ジュエラーの鼻差勝ち。
チューリップ賞の雪辱を晴らします。

この時の上がりタイムは、レースタイムが1:33:4とチューリップ賞より0.6秒遅くなる中で、



全く同じ3F33.0秒



究極の切れ味でした。


ゲートの出があまり良く無かったのもあるでしょうが、ライバルに勝つための、


溜めに溜めた
デムーロ渾身の一撃でした。





さぁ、土曜の新馬戦はどんな競馬になるのかな。

お互い究極の切れ味勝負で火花のでるデッドヒートになるのか。

はたまた、キタサンブラックのような先行力で交わすのか。


世代を超えた戦いを楽しみに待ちましょう♪





ま、ヴェールランスが勝つけどね