無事にヴェールランスが、新馬戦を快勝してくれました。


そこで、出資時に書いてはいるのですが、一度走った感想も加えて、頭の中の整理も兼ねて書いて見たいと思います。



キタサンブラック 
2012 鹿毛 
[血統][産駒
Halo系
ブラックタイド 
2001 黒鹿毛 
[血統][産駒]
サンデーサイレンス 
Sunday Silence(米) 

1986 青鹿毛 
[血統][産駒]
Halo 
1969 黒鹿毛
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well 
1975 鹿毛
Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア 
Wind in Her Hair(愛) 
1991 鹿毛 
[血統][産駒]
Alzao 
1980 鹿毛
Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere 
1977 鹿毛
Busted
Highclere
シュガーハート 
2005 鹿毛 
[血統][産駒]
サクラバクシンオー 
1989 鹿毛 
[血統][産駒]
サクラユタカオー 
1982 栗毛
テスコボーイ
アンジェリカ
サクラハゴロモ 
1984 鹿毛
ノーザンテースト
クリアアンバー
オトメゴコロ 
1990 栗毛 
[血統][産駒]
ジャッジアンジェルーチ 
1983 栗毛
Honest Pleasure
Victorian Queen
テイズリー 
1981 鹿毛
Lyphard
Tizna
ジュエラー 
2013 鹿毛 
[血統][産駒
FNo.[1-n]
ヴィクトワールピサ 
2007 黒鹿毛 
[血統][産駒]
ネオユニヴァース 
2000 鹿毛 
[血統][産駒]
サンデーサイレンス 
1986 青鹿毛
Halo
Wishing Well
ポインテッドパス 
1984 栗毛
Kris
Silken Way
ホワイトウォーターアフェア 
Whitewater Affair(英) 

1993 栗毛 
[血統][産駒]
Machiavellian 
1987 黒鹿毛
Mr. Prospector
Coup de Folie
Much Too Risky 
1982 栗毛
Bustino
Short Rations
バルドウィナ 
Baldwina(仏) 

1998 鹿毛 
[血統][産駒]
Pistolet Bleu 
1988 鹿毛 
[血統][産駒]
Top Ville 
1976 鹿毛
High Top
Sega Ville
Pampa Bella 
1981 栗毛
Armos
Kendie
Balioka 
1985 鹿毛 
[血統][産駒]
Tourangeau 
1968 鹿毛
Val de Loir
Torbella
Bangalore 
1973 鹿毛
Cadmus
Balbona



父については、近々でも何度も書いているので、少し短めに。


お父さんはご存知、
GI 7勝
2年連続年度代表馬
賞金王


※訂正しましたー




キタサンブラックです。
FullSizeRender

父ブラックタイド
母シュガーハート
母父サクラバクシンオー
母母父ジャッジアンジェルーチ


現役時代の終盤は、武豊が騎乗して、サブちゃんが祭りを歌いと、華々しいキャリアを締めくくりました。

ただ、それまでは、相当地味なキャリアでした。

まず、血統。
目に入るのは、ディープの兄ブラックタイド。
GI勝ち馬は結局、キタサンブラックだけ。

母父サクラバクシンオーのせいで、距離が持たないと、血統評論家に叩かれ笑
菊花賞も5番人気でした。


そのくせ、長距離勝ち始めると、スタミナ型と言われて、種牡馬になったら

スピードがない突然変異のダメ種馬のレッテルを貼られるという、


本当に不憫な馬ですね
実力をずーっと過小評価された馬でした。



ただ、京都の菊花賞や、天皇賞はスピードないと勝てませんので、元々この馬は相当高いスピード能力を持ってました。


巨軀にも関わらず、抜群の体の柔らかさをもち、武豊も差す競馬だってなんでもできる馬とインタビューで答えたぐらいの



スピード、スタミナの両方を兼ね備えた万能馬だったと思います。



突然変異は走らないと言う人もいますが、真の偉大な種牡馬は突然変異です。
サンデーサイレンスも、ノーザンダンサーも過小評価され続けた馬たちでした。


さて、血統に戻るとあまりクローズアップされないところで母型の奥にあるTizna、
そしてテイズリーについて。

テイズリーが社台ファームに購買される直前にリローンチとの間に生まれたCee’s Tizzyが種馬となり、


なんと、ブリーダーズカップクラシックを連覇する名馬Tiznowを産みます。

これによって滅びる寸前だったマンノウォー系(マッチェム系)がわずかに息を吹き返すことになります。

いま2歳で話題のコマンドラインの母父Tiz wonderfulの父でもあります。

卓越したスピードはもちろんマッチェム系由来が大きいでしょうが、このティズリーからくるキタサンブラックの母系も一役買ってるわけですね。

スピード能力の下地はこの母系と、テスコボーイから連なるプリンスリーギフト系のサクラバクシンオーでできていると考えています。

そして、もう一つ隠し味が、、、


さて、長くなりましたので、ジュエラーは次に回します笑