さて、2歳馬たちに期待してネタが偏ってましたが、古馬も頑張ってもらいましょう。

ヴィアメントが暮れの競馬一番手として復帰します。


無事に抽選を突破です。
3勝クラスは、ダート長距離でも出るのも大変だ。

得意の東京競馬場ですし。
鹿戸先生も真面目に走れば好走と。



でも真面目に走るのかなぁ。。。



いつも思うんですけど、やっぱりヴィアメントみたいな難しい馬をいかに走らせるか?

ここらへんが厩舎力だと思うんですよね。

追い切りとかは大体どこもある程度同じなわけで。

気性的なところや、脚元、レース間隔、走り方の矯正、真っ直ぐ走らせるようなハミの工夫とか、




馬を本気で元気に力通り走らせられるか?
って重要なファクターですよね。



エフフォーリアなんかも体質弱かったのを、天栄の力はあれど、うまく育成したので。


ヴィアメントも宜しくお願いしますよ。
社台だけど。



ブリンカー、チーク、シャドーロール、去勢と、


打つ手は打ちきってますが笑



でも去勢なんかは、体に馴染んでくるのに時間かかるっていうし、ちょうど一年ぐらい経って、そろそろ真面目に走って欲しいなぁ。

オープン行ける器だと思うんだよ。



頑張ってくれな
ヴィアメント



FullSizeRender