ひさびさにノーザンファームに行ってきました。

ディアスティマ見学以来ですね。


牝馬の厩舎は川を渡った反対側で、ノーザンホースパークの近く。これだけ離さないと牡馬が興奮しちゃうんだろうなぁ。
(グローサーベアの暴れっぷりを思い出しながら、、、シミジミ)


お目当てのスウィートリーズン18!!
FullSizeRender

全然こっち見ないで、そっぽ向くので諦めました。
嫌われた??下手くそな写真ですいません。


イヤリングから空港に移ってわずか3日後ですが、体重は413kgとかろうじて400kg台に乗せてきました。
お兄さんみたいに大きくなるといいですねぇって言われてました。(ちなみに10/5の新馬戦、関係者もドキドキしてるみたいです笑)

でも育成始まると、少し減りますと言われてしまいました。当たり前か。


しかし、この子の歩様は本当に柔らかい。
いつか名馬になったら動画をアップしよう。

過去、ここまで柔軟な筋肉を持った馬を見たことがありません。
ディアスティマはもっと筋肉質なイメージありましたが、この馬の後ろ足の伸びはどんな名馬よりも柔軟です。

自分の中の相馬眼における試金石になる馬だと思っております。

その柔軟性を活かすためにも、せめて430-450ぐらいの体重になってほしいなぁ。


あ、そろそろ名前考えなくちゃ!!