多方面で菊花賞の存在意義が問われています。

サートゥルナーリア、ダノンキングリーといった大物が回避して、

ヴェロックスが勝つとみんなが思ったら、

ワールドプレミアという新興勢力(あまり評価されてない)が勝っちゃった、

売り上げがめちゃくちゃに落ちちゃった。

そんなことだと思います。


私は色んな方々が適当にいっている安易な競争距離の短縮や、施工条件の改定に大反対です。


そもそもですが、競走馬の存在は多様性に満ちていました。



クラシックの距離で存在感を発揮するディープインパクト、最高です。

でもダービーは勝てませんでしたが、キタサンブラックの母父は1200のスペシャリストサクラバクシンオーです。

オルフェーヴルの力は、3200で大活躍したマックイーンの血が活きたのは間違いありません。

日本のホースマン(NF?)が目指す凱旋門賞を勝つのに3000m、しかも殆どがスローペースの菊花賞程度で勝ち負けできない馬がどーやって凱旋門賞で勝ち負けできるのでしょうか。

血の多様性がなくなると成長が止まります。
凱旋門賞勝とうと思ったら、サドラーなどの欧州の血や、スタミナの塊のような血が入りながら、かつ日本のスピードレースに勝てるようなGI馬が必要です。


エルコンドルパサーにはサドラーズウェルズが。
ナカヤマフェスタには、凱旋門賞連覇のリボーが。
オルフェーヴルには、日本が誇るスタミナ血統メジロマックイーン、遡ると凱旋門賞馬ジェベルが。
例外なく母父血統が凱旋門賞(サドラーは勝ってませんが、子孫が異常なほど勝ってます)血脈です。

こんな血統が活躍できる土台を日本が失ったら、、、どんな馬が血を繋いで、成功させるのでしょうか?



人間も馬も多様性がなくなると硬質化して、成長が止まります。

日本の競馬界が目指している馬作りはどのような方向なのでしょうか?

硬い馬場でだけ走る馬の育成?
凱旋門賞勝てる馬作り?
世界に通じる馬って、何?


是非とも競馬界全体でしっかり検討してもらいたいです。


てなことで、多様性を破壊する可能性のある施行条件の安易な改定に大反対。

JRAわかってますよね