コロナのせいで、無観客レースが決まりましたね。


ちょっとびっくりですが、家に引きこもって競馬やるぐらいしかないね!といって家族をどこにも連れて行かない口実ができてよかったです笑笑



さて、サンデーの二歳馬の調教動画が出てきました!

この動画、毎年2月末から3月初週ぐらいで撮られますが、タイムも出てくるので、進捗具合が気になってついつい他の馬のタイムと見比べてしまいます。


ということで、同時期の名馬のタイムをいまのうちの子と見比べてみよう!ということで。




まず我らがオフサイドトラップ厩舎一番手スウィートリーズンの18。

FullSizeRender


画像左です。
ここだけ見ると若干併走馬に遅れているように見えますが、スタート時点で若干後方からスタートしてますし、空港の外回りですから別にそれほど気にすることはないかと。
それよりも併走馬と比べてかなり小さい400-420の馬体ながらこの時期15-15で走れていることに安心しました。




さて、同時期に過去の名馬たちがどうだったかをみてみますと、

FullSizeRender
まずクロノジェネシス(真ん中)遅れ。


FullSizeRender
グランアレグリア(右)
てか、タイムラップがスウィートリーズンの18とそっくりなんですけど!!!(感激)


FullSizeRender
写真一番右奥はヴェルトライゼンデ。
名馬かどうかは知りませんが、GI 2着なので。




まー、クラシック乗るような馬は15秒台ぐらいでは走ってますね。





でもそのタイムが早ければいいわけでもなく、
例えば下の馬。
FullSizeRender
同時期に14秒前半から13秒台のタイムも出していました(写真左)。



さて、これは誰でしょう。









答えは、
バイキングクラップです。

今後の活躍はわかりませんが、かねてからの期待には答えられず中央未勝利で地方から出戻り。
また中央に戻ってきています。でもこの時期のタイムは格別ですね。





FullSizeRender
では、これは?右から2頭目。
かなり難しいですが。





答えは、アストンクリントン。
いまだデビューできておりませんが、再来週でれそうです。
タイムは早くも遅くもない感じですが、仕上がり的にはまだ甘かったということでしょうか?





ということで、


結論。





よーわからん。





ただ、下の方はある程度言えるかと。


①タイムはある程度早いほういい
走る馬はそれなりのタイムを出している。。。

というより、調教の進捗度合いが進んでいる、
つまり、しっかり乗り込める体力と頑健さがある。
この時期なら15秒台ではしってるとよしよし。
第一関門クリアぐらい?


②しかし、早ければ走る馬、というわけでもない。
バイキングクラップみたいなのもいるし。
成績との関連性が100%ではない。
当たり前か?
だから①は本当に第一関門クリアぐらい。


③タイムかなり遅い、又は動画がないのは仕上がり時間かかる可能性高い。

フィエールマンはこのタイミングで動画なし。
ほかにも多々このタイプはいて、比率的にデビューが遅れている印象。

決して走らないという意味ではないが、フィエールマンみたいに完成まで時間がかかったり、使い込めない可能性は高い。

あまり好ましくない。




ということで、某掲示板とかで、

-この時期のタイムに一喜一憂なんて素人や!
-うちの馬のタイムいい感じやん!
-うちの馬の動画更新遅れてるんだけど。。。大丈夫かな?



というのは、ある意味で全員あっているいうことですな笑