すっかり更新をさぼってしまいました。
暇だと本当に何もする気がなくなります。

忙しい方が、まだマシな気がしますが、忙しい時は忙しくて何もできないとかいうんでしょうね。


人間の悲しい性です笑



さて、この間に、グローサーベアが中一週で1勝クラスに出て6着とまずまずの成績。
直線あわよくばのシーンもあったので、芝1400mでもやれそうです。
山元で作り直して、3歳古馬混合戦で快進撃を期待します。



骨折明け3戦目のブーケオブジュエルは、先週土曜の新潟で復活を思わせる3着。

Netkeibaでもみんな諦めモードでしたが、私は絶対今回走る自信がありました。

前走もスタートよく逃げられましたし、道中絡まれまくりの厳しい展開で1秒差で粘り通しました。最後までバテてません。

勝ったリーピングリーズンは2勝クラスでいきなり2着と相手も強かったです。


今回のスタートもまずまず。
二の足で逃げに成功します。
いい感じでラップを刻みますが、


向正面で前走に似たような展開になり、人気のアラゴネーゼ(7番)が一気にまくります。

FullSizeRender

このままハナを叩かれてしまいますが、吉田隼人騎手は、冷静でした。



あわてて相手に合わすことなく、3コーナー、4コーナーとじっくり溜めます。

FullSizeRender

4コーナー立ち上がりでは、まくった馬の苦しいタイミングでドンピシャで再度馬体を合わせに行きます。
久々に痺れる展開!!!

この時点で、追い上げてきたメモリーコバルトと三頭の争いに。



最後は三頭による壮絶な叩き合い。

FullSizeRender
後続を突き放しての追い比べは、1勝クラスとは思えない見応え抜群の直線でした。


最後は力尽きて3着となりますが、
骨折明け3戦で見事な変わり身。

1000m通過が1:01:7という、このクラス牝馬限定としては、なかなかのタイムを先行して、人気馬にまくられながら、最後まで抵抗して上がり3F38.8秒で、まとめたのですから、大したものです。

そして、この階級での勝ち上がりが近いと思わせる非常に強い内容のレースでした。


公式コメントでも、手応えを感じる吉田騎手のコメント。

吉田隼人騎手は、本当に乗れる騎手になりましたね。
ローカル競馬での安定感は抜群です。

次走は足元の状況を見てとなりますが、坂のないコースなら期待できそうです。

7月の福島まで待つのか?
それとも函館で、滞在競馬に出るのか。

何にせよ、馬のことを第一で考えてくれる加藤士津八厩舎ですので、安心して任せられます。

今年の二勝目も近そうです!!!




オフサイドトラップ