複雑な気持ち。。。としか言いようのない気持ちのオフサイドです。

本日の更新で、ブーケの剥離骨折が判明しました。
すでに前脚の骨膜が出ていることは、わかっていたので、小康状態のまま加藤調教師の繊細な調整でかろうじて、出走できてたんですね。追い切りガンガン攻められてたら、ジ・エンドでしたね汗


結果論ですが、次は無かったわけです。


その局面で最高の走りで応えたブーケは、やはり、運と実力あるんだと思います。
つらかっただろうけど、本当に頑張ってくれました。

競走中の故障で6か月の安静が求められます。
復帰は早くて来年初めですかねぇ。
成長を促して4歳で花開いてもらいましょう。

下世話な話ですが、自己見舞金も300万ぐらいでますので、優勝賞金と合わせて800-850万ぐらいは稼ぎました。来年までのカイバ代は確保したわけです。

来年の大活躍を期待してるので、ゆっくり休んでね!



さて、ブーケの休みの間に2歳馬は順調な仕上がり。

オフサイドトラップ厩舎第一の矢である初陣は、グローサーベア(ハービンジャー×シュテルンターラー)。
昨年の冬まで売れ残っていた社台馬です。

FullSizeRender



矢野調教師のコメントも自信と不安の間で揺れてるように見えますが、


-スピード、パワー共に十分
-真面目に走るかどうか

→つまり、真面目に走れば圧勝!!!!

という勝手気ままな脳内変換しましたので、

福島行ってきマーーース!
はじめての出資馬応援です。

実はブーケは出走するたびにゴルフとかち合うので全然行けぬまま故障してしまいました。


ちなみに第ニの矢、ヴィアメント(キンカメ×ダイワズーム)は札幌デビューが濃厚になりました。

FullSizeRender


強め調教入れてから力強さが増したというのは、あまりみたことのないコメントです。
牧場や厩舎関係者の予想を超えて成長しているのがよくわかります。

社台ファームに行った時は、
ヴィアメント>グローサーベア

が明確でしたが、いまならどっちが強いんだろ。
興味深いです。

長くいい脚を使うタイプとの、報告もありますので、札幌1800mでぜひデビューして欲しいですね。

キンカメなんで洋芝適正も問題ないだろうし。
ヴィアメントは北海道で会ってよくわかったんですが、非常に頭が良くて物覚えのいい優等生タイプ。ゲートや騎手とのコンタクトも問題ないはずです。
メンタルが不安すぎるグローサーベアと逆のタイプですね。

開幕週の日曜日はクイーンステークスあるし、騎手は取りやすそう。7/28希望です。

本当に楽しみです。