あと一歩届くまで

社台とサンデーで一口馬主を始めました。 ダービー制覇までの道のりを書きます(たぶん、来年勝つわ)

オフサイドトラップと申します。
社台・サンデーの一口馬主。
まったりと競馬やゴルフを語ります。
好きな馬のタイプ:
•栗毛のシャドーロール
•怪我から我慢強く復帰して活躍した馬
•イマイチ勝ちきれないけど、いつも一生懸命走る馬
神:オフサイドトラップ
大好き:ナリタトップロード、サクラメガワンダー
出資馬:
ディアスティマ(サンデー)、ヴィアメント(社台)命名
グローサーベア(社台)命名、ヴェールランス(社台)命名
ディーコンセンテス(サンデー)、サインオブサクセス(社台)

カテゴリ: 日記

なんかやたら、キタサンブラックの記事のPVが増えてます。

みんなヴェールランスやら調べてるのかな。



ということで、オフサイドトラップのPOGを出してみたいと思います。


いつも自分の出資馬入れてダメダメなんすけどね。
去年とかディーコンセンテスとラリマールースいれてたからボロボロ。。。



ま、いいや。


とりあえず日刊競馬さんのPOGに応募してみました。
こちら。

FullSizeRender

普通にミーハーポイント高いやん。



うーん笑

でも、
コマンドラインとかコリエンテスとか、活躍されたらその瞬間で1発アウトですからね。

とはいえ、ちゃんとマニアックなのも入れてますよ。

キタサンブラック産駒では、
もちろん、

ヴェールランス(母ジュエラー)
まさしく看板馬ですよ!
これは譲りません。




ビーナスローズ(母シャンスイ) 出資馬


レッドバンディエラ(母スタイルリスティック)


ここまでがキタサンブラック産駒。


穴馬では、
カレンブルーローズなんてどう?
バゴ産駒です(母カレンタントミール)

あとは。なんか、みんな選びそうな馬なので省略。


と、いうことで頑張ってもらいましょう!



道営門別デビューを予定していて、今日能力試験を受けたようです。

先日亡くなった岡田総帥の馬ですね。

鞍上は五十嵐冬樹


コスモバルクを彷彿とさせます。
能力試験圧勝でした。
FullSizeRender

FullSizeRender


この日の一番時計。



トビも大きいので、ダートより芝の方が良さそうな気はしますが、このレベルなら2歳はハイレベルの道営でも楽勝で勝ち進むでしょう。


キタサンブラックは、現役時代はほとんど馬券買わず(むしろ穴党の敵)、一口馬主に産駒が出てきてから応援するようになりました。


私の性格がひねくれてるから?か、いつも人気ない方を応援しちゃうんですよねぇ。
(巨人ファンですけど)


昨年、ヴェールランス(父キタサンブラック)に出資が確定してから、事あるごとにキタサンブラック産駒の良さをこのブログで書いてきましたが、



いよいよ結果が出てくるタイミングになってきましたね。



世の中、逆張りですよ。


「新種牡馬キタサンブラックについて」
FullSizeRender
http://go-for-the-win.blog.jp/archives/6667844.html




とかいってたんですが、どうなることやら笑


ウンも頑張ってほしいですね!


天皇賞春を連覇して圧倒的な強さを発揮したキタサンブラック。

オフサイドトラップ厩舎の2歳馬の一番馬であり、父キタサンブラックのヴェールランスは、非常にうまく育成進んでます。

そろそろ脱北見えてきた感じ。

キタサンブラック産駒は以前の投稿でも書きましたが、それなりの馬格、脚長のすらっとした体型、そして、かなりの柔らかさを備えています。


本来、脚長は歓迎しないケースもありますが、キタサンブラックの場合、父がそのタイプで走ったのでむしろ歓迎と思ってます。
柔らかさも相まって、全体的な伸びをすごく感じる馬が多いです。


しかし、この馬は本当に人気ないですね。
初年度産駒は種付料高かったこともあり、わずか83頭。

社台スタリオンに入って、七冠馬で、ちょっとかわいそうでした。


大方の人の想像は、
・突然変異系は種馬としてアウト
・父ブラックタイドは走らん
・血統地味
・サクラバクシンオーとかw
・キレがない
・ステイヤーでスピードない
・仕上がり遅そう


みたいな考えの人が多いです。
でも3歳一月から東京で差して連勝、三連勝で重賞勝ってるのに、そりゃ無いよと思うし、

血統に関しても、ブラックタイドはディープの全兄ですからね。

走りのイメージが近いメイショウサムソンとかオペラオーとかとは全然違うんですよね。

そもそも京都の天皇賞春とか菊花賞はスピードない馬は勝てないですからね。

ゴールドシップが阪神大賞典三連覇してるのに、いつも人気で天皇賞吹っ飛んでいたのは、スピードが欠けていたから。

3回目にようやく勝ったのも、横典の早仕掛けでした。あのレースは、さすがでしたね。



話をキタサンに戻すと、現役時代も武豊乗るまで本当に人気ありませんでした、一番人気にはじめてなったのが、4歳の京都大賞典笑
北村宏とサブちゃんの演歌イメージで地味さが全面に出てました。

でも、(素人ながら)馬見てる人からすると、産駒の出来は平均的にいい気がします。モーリスより全然良い。

考えてみれば、この馬の競争生活と同じで、種馬としてはダメだろうという大方の予想を覆して、活躍馬をたくさん出す、そんな未来が来ると私は考えています。




というのも、こんな投稿してるのは、こないだ偶然見かけたこの馬。
ローレルクラブのゼフィランサス2020。

FullSizeRender
新冠の村田牧場の牝馬。
天皇賞春で、ディアスティマのライバルになるディープボンドの半妹になります。

まだ一歳の4月というのに、いい馬格してて3月情報で体高152cn、体重は400kg越えです。スラッとした脚長体型がキタサンブラックぽいです。

また歩かせると、本当に伸びますし、踏み込みも柔らかい。


https://youtu.be/RQxCGL2f6fk

FullSizeRender

筋肉がついてくれば本当にいい馬になると思います。

ローレルとしては破格の3000万円という価格からも期待の高さが伺えますね。

母ゼフィランサスは、ローレルゲレイロの3/4同血です。父キングヘイロー。
阪神大賞典圧勝したディープボンドは、かなり父のキズナよりの馬なのでしょう。

気性がかった牝系ですので、キズナと同じような中長距離のキタサンブラックはぴったりの配合だと思います。

買おうかな、、、とちょっと心が揺れています。

無駄な会費払うのがなぁ。
口数多く持たないとカバーできないよなぁ。


考えときます。

さ、
キタサンブラック産駒、今年の2歳戦線で暴れまくってくれ!


土日競馬が終わって、いよいよ天皇賞の週となります。


ドキドキしてきましたよ笑
はじめてのGI出走ですからね。
しかも1/40ですから。


netkeiba掲示板の投稿も増えてきましたが、色々言われてるのが、




今年の天皇賞はレベルが低い!




ってやつ。



これね、私、思うんですけど、
たぶん、みんなボケてて忘れてると思うんです。


なんでそう思うのか?ってこと。

それは圧倒的人気の強い馬(GI馬)がおらず、人気が割れ気味だから。


しかも、数少ないGI勝ち馬が、ワールドプレミア(菊花賞)とマカヒキ(ダービー)のみってことでしょう。




これ、なんでって話です。
言われりゃ気づくんでしょうけど、




2020の3歳以上 芝中長距離のGI勝馬

大阪杯 ラッキーライラック(引退)
皐月賞 コントレイル
天皇賞春 フィエールマン(引退)
オークス デアリングタクト(香港遠征)
ダービー コントレイル
宝塚記念 クロノジェネシス
秋華賞 デアリングタクト(香港遠征)
菊花賞 コントレイル
天皇賞秋 アーモンドアイ(引退)
エリ女 ラッキーライラック(引退)
ジャパンカップ アーモンドアイ(引退)
有馬記念 クロノジェネシス


超簡単な話、

デアリングタクトと、コントレイルと、クロノジェネシスの3頭しかいなくて、

天皇賞出ないだけ。






さらに2019年に遡っても、

大阪杯 アルアイン(引退)
皐月賞 サートゥルナーリア(引退)
天皇賞春 フィエールマン(引退)
オークス ラヴズオンリーユー(香港遠征)
ダービー ロジャーバローズ(引退)
宝塚記念 リスグラシュー(引退)
秋華賞 クロノジェネシス
菊花賞 ワールドプレミア
天皇賞秋 アーモンドアイ(引退)
エリ女 ラッキーライラック(引退)
ジャパンカップ スワーヴリチャード(引退)
有馬記念 リスグラシュー(引退)


 超簡単な話、

現役で残ってるのが、ラヴズとクロノとワールドプレミアだけなのよ。



二年間で、わずか、5頭しかいない。



​牝馬がなかなか勝てない天皇賞にクロノやデアリング、ラヴズがでないのは極々普通で。

牡馬の中長距離GI馬(過去2年)にいたっては、

存在するのがわずか2頭で、そのうち1頭でるってこと。


マカヒキみたいな古豪GI馬がでるだけありがたい話です。

ちなみに、過去遡っても、芝中長距離の現役GI馬は、

ワグネリアン(マカヒキ2世)
ブラストワンピース(どこいった?)
キセキ(香港)
タイムフライヤー(ダート変更)

海外入れれば
グローリーヴェイズ(香港遠征)


たったこれしか存在しません。



そりゃ、圧倒的人気馬いないよ。




ってことで、この天皇賞春はレベルが低いのではなく、


いままでの数頭による寡占化されたGIレースではなく、




新しいチャンピオンを決める戦いなのです!!!






願わくば、それがディアスティマなら完璧。

エフフォーリアが、皐月賞勝って鹿戸先生が久々のGI制覇。

大阪杯は、高野厩舎がレイパパレで勝って同じく久々のGI制覇。


オフサイドトラップ軍団の預託する厩舎二つで久々のGI制覇。

なんか追い風を感じます。



そんな思いと何も関係ないんですけど、
面白い動画見つけたので貼っておきます。


ゴールドシップとAdoさんの「うっせぇわ」を掛け合わせた動画。


この歌、娘が好きなんですが、教育上どうなのかと心配になるんですが、ゴールドシップの動画に合わせると、、、




面白すぎる。


FullSizeRender
https://youtu.be/s1yZd_oPLvU




コメントに
「もうお前のテーマソングでいいよ」

って書いてあって爆笑してしまいました。



頭の出来が違うんだよな、シップは。
なんかネタ馬になりつつあります。

↑このページのトップヘ