あと一歩届くまで

社台とサンデーで一口馬主を始めました。 ダービー制覇までの道のりを書きます(たぶん、来年勝つわ)

オフサイドトラップと申します。
社台・サンデーの一口馬主。
まったりと競馬やゴルフを語ります。
好きな馬のタイプ:
•栗毛のシャドーロール
•怪我から我慢強く復帰して活躍した馬
•イマイチ勝ちきれないけど、いつも一生懸命走る馬
神:オフサイドトラップ
大好き:ナリタトップロード、サクラメガワンダー
出資馬:
ディアスティマ(サンデー)、ヴィアメント(社台)命名
グローサーベア(社台)命名、ヴェールランス(社台)命名
ディーコンセンテス(サンデー)、サインオブサクセス(社台)

カテゴリ: ヴェールランス

いやーーー、嬉しい!!!



サインオブサクセスが、中山芝2000mの新馬戦を快勝しました!


ディアスティマの戦線離脱もあり、意気消沈中のオフサイドトラップ厩舎にとって何よりの朗報となりました。


レースを振り返ってみましょう。


まず大きかったのは、枠順。
ゲートの入りがイマイチだったのもありますが、何より偶数枠だったのはよかったですね。

お陰で、スタートはそこそこ無難に出ました。

FullSizeRender

でも、スタート直後に11番枠のフローレンスハニーがヨレて当たりそうになります。


ギリギリ当たらずに済んだ模様。
ゲートが離れる11-12番でよかった
FullSizeRender


道中はキタサンブラック産駒のソレントフレイバーが逃げますが、予想通りのドスロー。

17頭だてなので、さすがにもう少し早いかと思いましたが笑


でも、サインオブサクセスは中々ハミが掛からなかったようで、道中はチョイチョイと促しながらの追走。

武史もレース後にいっていましたが、まだまだ気性が幼く、レースをわかっていません。


FullSizeRender

それでも道中はうちにいる
ディープ×中内田×川田の黄金トリオでロード期待の新馬、
ロードレゼルをきっちりマーク。

ただ、スローペースで馬群がかたまり、狭い2列目真ん中をゴチャゴチャしながらも追走。
ちょっとキツそうでした。


FullSizeRender
勝負どころの3,4コーナーになってようやくハミがかかり、内のロードレゼルを見ながら押し上げていきます。


FullSizeRender

四コーナー立ち上がりでは、ロードレゼルをピッタリマーク。
そして、外に振らせないように、きっちりガード(武史上手くなりました)


幸い、前の4番エリオトローピオが抜け出し、外のコントディヴェールとの間に僅かな隙間が生まれます。

FullSizeRender

ここで、一瞬の脚を使い、瞬時にコース進路を確保。


FullSizeRender


お見事。


と思ったら、前のエレントローピオがいきなり内にヨレます。

そのあと、外に再度ヨレてサインオブサクセスに、当たります。(間違いなく当たってるな)

FullSizeRender




しかし、勢いは衰えず。







FullSizeRender

最後は伸びてきた内のロードレゼルを半馬身抑えで見事な新馬勝ちを見せてくれました。


やったね♪



いい競馬でした。
まだ下半身がかなり緩いとのことですので、のびしろ沢山ありそう


FullSizeRender


タイムを見ると、やはりペースの遅さが際立ちますが、残り800mから、


レースラップが
11.5-11.9-11.9-11.5-11.8と11 秒台連発。

サインオブサクセスの最後の3Fは、
34.9秒なので、レース上がりより0.3秒はやいです。いい競馬でした。

FullSizeRender

武史の新馬戦でのガッツポーズ♪
川田を封じて、関東の意地達成。
上手く乗れたという証明でしょう。







この勢いで、来週はヴェールランスもデビューします。
2週連続新馬戦勝ちと行きたいものです。




エースのディアスティマが戦線離脱したあと、新たなエースが必要となるオフサイドトラップ厩舎。


本来期待を受けるべき準オープンのヴィアメントは、謎の無意味だった札幌遠征のあと、お休み中。

現在、三頭が厩舎にいます。

2勝クラスのグローサーベアは、今週の浦安特別へスタンバイ。
完全な調教大将となりつつありますが、
今回は矢野先生が自ら跨って、美浦ウッドチップコースで追い切り、




4F52.8-37.2-11.6秒


まあ、いつも通り良いタイムや。



石川くんが連続で乗ってくれますが、前回のように無駄に控えず、積極的に行って欲しいです。




次に、期待のヴェールランス。
かれこれゲート試験から1ヶ月栗東滞在が続いていますが、坂路をガンガン上がっています。


半マイル52.7-38.8-25.2-12.6秒一杯
(新馬オリンピッカー0.1秒追走0.2秒先着)



まあ、悪くはない。





毎週内容が良くなってきてるので、この調子で行って欲しいね。
10月2日中京2000mでデビューも決まりました。
鞍上は???
藤岡兄弟ですかね?
当日シリウスステークスがあるし、中山は重賞ないので、いい騎手くるんでなかろうか?
いい騎手選んでね。






そして、ここに来て俄に急上昇しているのが、





サインオブサクセス
(父ハービンジャー母セレブリティモデル)





​調教いい感じできてるなぁと思ってたけど、今日の追い切りタイムは秀逸。



6Fから82.9-66.5-51.7-38.3-12.5秒を馬なり(永野猛蔵)

しかも、相手が古馬オープンのゴールドギア強めを0.2秒追走して0.4秒先着!?!


ちょっとすごいタイムですよね。



​いい感じで来てくれてるなとは、思っていましたが。

ここにきて、俄然、期待度が増してきました。




不調の社台RH
まだ勝ち馬がたった2頭しかいません。




しかし、思い返せば私の出資馬は、周りが調子悪い時に走る馬を引く傾向(2017産)があるので、


もしかしたら、この二頭、やってくれるかもしれません。




鞍上は、来週、横山武で追い切り。
これは楽しみです。


9月26日中山芝2000mでデビュー予定。
ゲートの出がよくないようなので、デビューまできっちり調整して欲しいですね。


調教だけなら、十分勝ち負けです。








ディアスティマがいない一年。
長い間、引っ張っていってくれる馬が出てくれることを、


そして、あわよくばクラシックにのってくれることを切に祈ります。。。。

あ、ゴルフの話です笑


決勝で負けてしまいました。


そんな簡単にクラチャンなれたら苦労しないよね



ということで、競馬の話。
新馬の話でもしましょうか。


ヴェールランスは、水曜の追い切り見てからデビュー決めるそうです。
坂路のタイムが上がってこないのが原因かな?
山元で甘い調教だったのかな?

まあ、元々トモはそれほど大きいタイプではなかったので、坂路は苦にするタイプなのかもしれません。コースに出てどうなのか?
っていっても藤岡厩舎は、ほとんど坂路しか乗らないので、レース出てみるしか、ないっすね。



サインオブサクセスは2歳好調のハービンジャー産駒。
続いてほしいですね。

こちらは9/26の中山芝2000mでデビュー予定。
鞍上がまだ発表されてませんが、ウッドで52秒台を馬なりで出してきてるので、たぶん田辺か三浦で出てくれるでしょう。


ローレル初出資のビーナスローズは、なんと入厩直前にボーンシスト発見と酷い目に遭ったことをお伝えしましたが、

なんと手術するときに詳しくみたら両後脚にボーンシストを発見(泣



ボルトを入れて固定する手術をしたそうです。
競争能力を、全発揮させづらい病気なので心配ですが、ギリギリまで見定めた後での発見ですか、しょーがないっすね。

来年春ぐらいのデビューを少しだけ期待します。



あと、ローレルで募集されてて以前、ブログでも紹介した


ゼフィランサス20(父キタサンブラック)牝馬


ですが、兄のディープボンドのフォア賞優勝もあり、早めに出資をすることを決めました。

もう少し、ギリギリまで見定めたかった所もありますが、ローレルとしては高額だけど完売はするでしょうし、元々買いたかったので笑


キズナからキタサンブラックに変わって、さらにステイヤー色が強くなってる気もしますが笑

オークス目指して頑張ってもらいます。

FullSizeRender
FullSizeRender

おでこの7(セブン)の独特な流星がいいですね。

名前はここからだな、、、準備開始。


立ち直れません


ディアスティマが種子骨の繋靭帯炎です。
一年の休養とのこと。

秋の単コロもできなくなるし、
何よりいよいよ秋競馬で
重賞、GIとなる予定が。、、、

ここまで故障とは無縁に過ごしてきた馬でしたが、残念です。

軽度であることを祈りますが、果たして。



あとはもうすぐデビューする2歳馬達に頑張ってもらいましょう。
ヴェールランス、サインオブサクセスともに9月デビュー濃厚ですので。。。




ああ、あんまり凹まないタイプなんですけど、
これはショックだなあ

キタサンブラック産駒がここにきて活躍し始めましたね。


ブログで周りの人に頭おかしいんじゃないの?と言われつつも、キタサンブラック産駒推しを続けてきた甲斐があります笑


2020年6月


2021年4月







イクイノックスが新潟1800mを楽勝しました。

FullSizeRender


パドックでみると、バランスが非常に良く、脚が長いキタサンブラック産駒の特徴的な馬体でした。



FullSizeRender
目がヤヴァイですね笑
軽くイッてます、

マキバオーにでてきそう。
メンコ外したサトミアマゾンみたいな笑
(出資者の方々、すいません、、、)


IMG_8116
IMG_8115


気性がちょっと難しそうなところが、すこし良さを消さなければいいなとは思いましたが、ひょろひょろっとしたところが変わって成長してくればかなりのレベルになると思います。


少し重めの新潟馬場もなんなくこなして1:47:4。
上りも34.5秒でまとめて、楽勝でした。



ただ、正直、、、





これからもっといい馬がキタサンブラック産駒で出てくると思います。






これは序章です。


元々、キタサンブラック産駒はかなり走ると言っていましたが、秋以降大物がまだ出てくると思います。
もちろん、ヴェールランスもその一頭。


血統的にも、母系にもう少しスピード血統が入った方が、さらにキレると思います。

イクイノックスは、母父キングヘイロー(リファール系)、母母父トニービン、母母母父アレッジドと。かなり、重たい。その次にヌレイエフが、ようやくきます。


今の重い新潟は向いていたのもあります。
この日の勝ち馬は、オルフェ、エピファネイア、ロードカナロアと欧州系やロベルト系がかなり活躍してました。


ディープ用の米国系繁殖牝馬なんかが来年からは回されるでしょうから、さらなる活躍は約束されたと言っても良いでしょう。


楽しみですね!♪





あ、ほーいや、言い忘れてましたが、

ディーコンセンテスは入着できず。予想通り繁殖入り。
ディアスティマには、全妹の7000万円分の賞金をノルマとして課したいと思います笑

幼少期より柔らかさが際立っていましたが、高野先生がいうように馬体と筋肉がついてきませんでした。
一歳の相馬での優先順位を教えてくれた貴重な馬でした。
ありがとう、大きい子供を産んでください。


↑このページのトップヘ