あと一歩届くまで

社台とサンデーで一口馬主を始めました。 ダービー制覇までの道のりを書きます(たぶん、来年勝つわ)

オフサイドトラップと申します。
社台・サンデーの一口馬主。
まったりと競馬やゴルフを語ります。
好きな馬のタイプ:
•栗毛のシャドーロール
•怪我から我慢強く復帰して活躍した馬
•イマイチ勝ちきれないけど、いつも一生懸命走る馬
神:オフサイドトラップ
大好き:ナリタトップロード、サクラメガワンダー
出資馬:
ディアスティマ(サンデー)、ヴィアメント(社台)命名
グローサーベア(社台)命名、ヴェールランス(社台)命名
ディーコンセンテス(サンデー)、サインオブサクセス(社台)

カテゴリ: サインオブサクセス

毎年恒例の時期になり、有馬記念が、くるといよいよ今年も終わりますねぇ。


今年はホープフルが前日でいい感じ。
やっぱこうじゃないと、締まらない。



毎年何とも言えない寂しさに包まれながら足繁く大井に向かうのですが、今年は競馬場にいけず、たまらない限りですわ。



といいつつ、クリスマスイブに家族でご飯食べながら大井競馬見てたら(雰囲気ゼロ)、



FullSizeRender


クリスマスプレゼントきたぁーーー!!



幸せ笑



ということで、本題ですが名前です。



私、愛馬の名前を考えるのが、もはや趣味



この時期になると、暇さえあれば考えています。


伊達に社台命名率100%じゃありません。

ここまで、
ブーケオブジュエル
ヴィアメント
グローサーベア(但し2人被った)
ラリマールース


と、四連続で命名しています。


今年は二騎とも社台ですので、六連チャン目指して頑張ります。



特にドラフト1位指名のジュエラー19は、相当期待しているので、何とか選ばれて欲しいです。



ジュエラーは、正直ちょっと難しいところがあります。



まず母系はフランス血統。
ワンカラット、ジュエラーと馬主の青山さんの命名で来てますので、宝石ネタが一番なんですが、



この馬は牡馬。



女の子なら方向性確定するんですがね、うーん。
とはいえ、宝石ネタもネタ切れしてて、難しい。

去年のラリマールース(ラリマーの原石)なんて、相当頭捻って探しました。(母がロマンシングジェム)

FullSizeRender

特に女馬の命名は、社台は母系をかなり大切にして決めます(サンデーは全然しない)。


ここは、社台の好きなところ。



ただ、牡馬は余り縛られすぎてませんね。


父名からだったり、身体的なところ(毛色とか)も去年あったような気がします。


ただ、親父がキタサンブラックなのに、
ジュエラー19は鹿毛



難易度を上げています笑




すでに渾身の力作が二つもあり笑
このどちらかに決まってくれないかと、祈っております。



そう提出したら、あとは3月の更新で見覚えのある名前があることを祈るのみ。。。



あ、ちなみに、セレブリティモデル19は、私がアメリカに住んでいたこともあるので、大量にセレブっぽい名前が思いついたので、こっちもさりげなく狙っています。







二頭目は、セレブリティモデル。
母系はマンハッタンカフェの一族ですね。
お母さんは忘れな草賞を勝ちました。


image


この子はかなり大人しかったですね。
ジュエラーと同じく一番速い組に入るようですが、、、

馬体もまだまだ子供の幼さが感じられ、去年のラリマールースに似た雰囲気が感じられました。

image

カメラ目線の呼吸
壱の型 優しい瞳


かわいい。。。。



といいつつ、実は下半身が絶好調でして、写真にはお見せできないような状態だったのは秘密です。

まだまだ若いですね笑


とりあえず、二頭とも順調そうで何よりです。
この時期はまず毎日きちんと鍛えてもらえて、乗り込めているというのが一番です。

寒い冬を乗り越えて来年の夏にはデビューしてもらいたいものです。

がんばれー




今日は今年出資の1歳馬の写真が更新されました。

今年は社台2騎。
どんな感じになってるか気になってたのですが、少し思うこともあり、ブログに書きます。


まずセレブリティモデル19
FullSizeRender

もともと良いバランスでしたが、まずまずの感じです。まだ馬体に幼さを大きく残していますが、順調な気配を感じます。



次にジュエラー19 
お姉さんのハイジュエラーがデビュー直前の骨折で予後不良と悲しいニュースが流れてきましたが、この馬には順調に行ってもらいたいものです。

FullSizeRender
まあ、この時期は成長期でバランスが崩れがちですからね。

足の長いこの子は予想通りと言えそうです。
足が長い分、体の成長がまだ十分でないだけにパワー不足に見えます。

トモのところにもハリがもっと欲しいですね。

キタサンブラックはサンデー含めてコメントを見るとやはり柔らかいタイプの馬が多そうです。
この馬もかなり馬体のイメージから柔らかさが伺えます。

ディープほどまでではないと思いますが、当初の目論見通り、キタサンブラックの戦歴イメージと比べて瞬発力のあるタイプが多いのではと、見ています。

成長はこれからです。頑張ってー!




オマケ。
第三希望で書いたサンデーのマッドアバウトユー19
(買ってない)

FullSizeRender

メッチャ走りそうやん!!!
シクッたか?


サンデーの馬のバランスが崩れないのは、育成?






↑このページのトップヘ