あと一歩届くまで

社台とサンデーで一口馬主を始めました。 ダービー制覇までの道のりを書きます(たぶん、来年勝つわ)

オフサイドトラップと申します。
社台・サンデーの一口馬主。
まったりと競馬やゴルフを語ります。
好きな馬のタイプ:
•栗毛のシャドーロール
•怪我から我慢強く復帰して活躍した馬
•イマイチ勝ちきれないけど、いつも一生懸命走る馬
神:オフサイドトラップ
大好き:ナリタトップロード、サクラメガワンダー
出資馬:
ディアスティマ(サンデー)、ヴィアメント(社台)命名
グローサーベア(社台)命名、ヴェールランス(社台)命名
ディーコンセンテス(サンデー)、サインオブサクセス(社台)

カテゴリ: ヴィアメント

東京ダート2100mを圧勝したヴィアメントは、在厩調整だそうです。

山元に戻さなかったということは、消耗が少なく体力残っているとのことでしょう。

左回りは芝ダート関係なく連対率100%のサウスポーのようですので、次走はまず間違いなく新潟でしょう。



で、どこを使うかだ。



新潟だと、
2勝クラス麒麟山特別(中4週)ダート1800m
G IIIレパードステークス(中5週)ダート1800m
​2勝クラス浦佐特別(中6週)ダート1800m


この3レース。


在厩でのレース間隔を考えると、麒麟山特別かレパードステークスでしょう。
ただ、なんとなくレパードステークスを鹿戸先生は狙ってる気がします。

かねてよりヴィアメントのことを、オープン馬にしなきゃいけない馬と言ってましたからね。京成杯に挑戦させたのもそれが理由でしょう。


去年のレパードステークスは2勝クラスならば抽選がありましたが8割ぐらい出れたような気がします。


ジャパンダートダービーから流れてくる馬があまりいないといいのですが。




ここで、仮にレパードステークスに出る場合、





デュードヴァンが来るとは。
JDDいけよなぁ。


ユニコーンステークスは強い馬に負けましたが、見所がありました。



ヴィアメントも能力を生かしきればチャンスあるとは思いますが、砂を被った経験もないし、いろいろ不安です。


うまく出走できて、外枠でも引ければ、パワーありますので、うまくやり遂げてくれるはずです。



ドラフトが終わった直後に嬉しいことに、


ヴィアメント号が、初ダートで、
圧勝しました!!!


いやはや。

難しいタイプのヴィアメントを初騎乗で本領発揮させた横山典。。。さすがです(感激!)


IMG_6254
スタートはまずまず出て、先行していきます。
黒いメンコに黒いシャドーロールつけてましたね。

ブリンカーは付けてました?
ちょっと色々黒すぎてよく見えなかった。

行きっぷりが改善されてました。


FullSizeRender

そのまま番手で行くかと思ってたら、、、


あれスルスル上がってくぞ。

2コーナーではすでに先頭まで並びかけ、、

そのまま抜いて逃げちゃいました。



横山典じゃなかったら、

オイー!!!!

というとこですが、馬本位の競馬が信条の騎手ですから。結果的にはダートの走りが良かったんですかね。

シンガリの逆ポツンよりは良い。



で、そのまま先頭で4コーナーを迎えます。
FullSizeRender


おお、カッコいい!
低い重心のいい走りです。
シャドーロール効いてるっぽい。



馬なりで突き放し始め、直線は軽く肩鞭をいれただけで一気に突き放します!!

FullSizeRender

こ、これは!!!
強い!!!!



FullSizeRender

最後は緩めてゴール。
それでも3馬身半、突き放しました。
稍重の馬場で、2:12:4。
上がり3Fは逃げたのに最速の36.8秒
これは突き放しますわ。




砂を被らず進められたことや、少し足抜きの良い馬場だったのも良かったのかもしれませんが、それにしても強い内容。

タイムも2勝クラスで十分通用するタイムです。
最後緩めたのやペース考えれば、さらに上の世界が見える勝ち方でした。



次走はこれから判断でしょうが、無事ならば

是非、
8月新潟レパードステークスに進んで欲しいですね!


楽しみが広がる強い勝ち方でした。


レパードステークスは、カフェファラオとか、超一線級はJDDあるし出てこないと思うんですよね。

そこが、狙い目や!




もともと未勝利勝ったばかりの馬だらけだったから、

2勝目は大変だよなぁとは思ったけど。



ここまで今年未勝利。。。。泣



ディアスティマの大寒桜賞には閉口しましたわ。




さて、先週の土曜日はヴィアメントが福島ひめさゆり賞にでました。

ヨシトミ騎手が直前に落馬したので大丈夫かと思いましたが、無事に騎乗。

ダメージがあったかどうかはわかりかねますが、好スタートからあまり無理せず後方三番手。

過去二戦の悪夢が蘇る。。。



しかし、今回は良馬場だったこともあるのか、最後は後ろから上がり最速で伸びてきました。


ただ、公式で鹿戸先生が言っていましたが、あきらかに競馬に参加していません。

デットーリが乗って勝った後は、いままでの先行力が突然なりを潜めて行きっぷりが突然なくなりました。


余程気に食わないことがあったのか、デムーロが、嫌いだったのかはわかりませんが。


福島から山元近いのでリフレッシュ出ていますが、出来れば良績のある東京の2000mか、同じ左回りの新潟早苗賞あたりで戻ってもらいたいですね。

左回りで33秒台の足を再度見せてもらいたいです。



翌日は、ブーケオブジュエルの復帰二戦目。
全く期待してませんでしたが、最内から好スタート。


そのまま逃げの手に。

ただ、福島開幕週だったこともあったか、
今回はかなり好調馬が揃って、スローペースを見越して人気馬が3コーナー手前からガンガン上がってくる競馬。


勝ち馬リーピングリーズンのタイムは決して早くないので、やむを得ないのですが、流れ的には少し厳しかったですね。


3コーナーでは、どれだけ負けるのかと思いましたが、脚はそれなりに残っていて、早めにかわしにきた人気馬にも最後まで食らいついて先着。

8着を確保しました。

8着に残る残らないは大事。
藤田騎手偉い。


次走は福島いけなさそうなので、新潟かなぁ。
しかし、4歳4月でまだ5戦ですからね。。。


足元不安があるにしても、この出走回数じゃ話になりません。少し強めの調教課して成長してもらわんと。
足元の強さは大事ですね。。。








出資馬の次走が色々わかってきました。



ヴィアメント→福島 ひめさゆり賞4/11


ブーケオブジュエル→福島 1勝クラス4/12


ディアスティマ→中京 大寒桜賞 3/29






ローカルばっかやんか!!!




ま、しょうがないですね。
うちの子達が不甲斐ないばかりに。。。シクシク



どーせ、コロナのせいで応援行けないんですいいですけどね。



今年はクラシックの出走ハードルが高そうだから、青葉賞やプリンシパルステークスも出走馬増えそうですもんね。



ダービーはまず間違いなく賞金1000万だと出走ができなさそうなので、1勝クラスを勝って、トライアルへの出走を確定させて、権利どりってことですかね。



賞金上位馬が揃いも揃ってGI直行しますんで、トライアルレースの権利取得馬が賞金上位馬ということが、めっきりなくなってしまいました。

これからはトライアルレースの重要性が賞金上位馬には低く、賞金中位から下位馬にはより重要になりそうです。



スプリングステークスとか、弥生賞は上位二頭までの優先出走権とかに変わったりするかもしれませんね。





とりあえず、オフサイドトラップはローカル専用から脱出できるよう頑張ってもらいたいものです!






うーん、やはり、悪い予感は当たりました。


山桜賞に登録していたんですが、あまり乗り気ではなかったので更新もしていなかったのですが、



実に不安な負け方。



力負けより怖い感じです。



全く走ろうという意思がない。




中山右回りが嫌なのか、騎手が気に入らないのか、雨が嫌なのかよくわかりませんが、



とにかく走りたくないオーラを出していました。


パドックで見た瞬間、これは走らなそう。。。。
と思いました。




馬がなんか嫌な雰囲気を出しています。




なかなか難しい状態です。
間を空けてのレースですから、次走は本当に難しいと思います。鹿戸調教師の腕の見せ所かもしれません。


左回り、ダート、
この辺りしか光明は見えていませんが、なんにせよこんな負け方をする馬の実力ではありません。


なんとか立て直してほしい。。。。



宜しくお願い致します。


なんとか頑張ってもらいたい。。。



↑このページのトップヘ