あと一歩届くまで

社台とサンデーで一口馬主を始めました。 ダービー制覇までの道のりを書きます(たぶん、来年勝つわ)

オフサイドトラップと申します。
社台・サンデーの一口馬主。
まったりと競馬やゴルフを語ります。
好きな馬のタイプ:
•栗毛のシャドーロール
•怪我から我慢強く復帰して活躍した馬
•イマイチ勝ちきれないけど、いつも一生懸命走る馬
神:オフサイドトラップ
大好き:ナリタトップロード、サクラメガワンダー
出資馬:
ディアスティマ(サンデー)、ヴィアメント(社台)命名
グローサーベア(社台)命名、ヴェールランス(社台)命名
ディーコンセンテス(サンデー)、サインオブサクセス(社台)

タグ:ヴィアメント

ヴィアメントは9/15 中山芝1800未勝利で二戦目を迎えます。


FullSizeRender


鞍上は三浦騎手。
母ダイワズームのオークス鞍上でした。
ちなみに、その時は6着でした。レースが終わった後に大外を追い込んできました笑


ヴィアメントはデビュー時は関東の有力騎手が軒並み新潟の関屋記念に回ってしまって、札幌が関西騎手だらけになったため福永騎手でデビューを迎えましたが、これでようやく関東騎手になりますね。
三浦騎手は今年好調ですし、ぜひヴィアメントでJRAGI初勝利を、はたしてもらいたいものです笑!

社台オフィシャルでは、美浦に戻ってから人に従順になったとのコメントがあったので、今回は攻め馬厳しめにやる伏線と信じてます!

頑張れヴィアメント!

期待していたヴィアメントでしたが、残念ながら0.4秒差の5着となりました。

パドックはVTRでしか見ていませんが、馬体は悪くなかったかと。ただ、全体的に覇気が乏しく、叩きながらという感じでしたかね。

後ろのエカテリンブルクの漆黒の馬体がすごかったです。いかにもブラックタイド産駒。いずれ逆転できるといいですね。


鹿戸先生は心配していたようですが、ゲートの出もダッシュも全く問題なかったです。スッと三番手につけて、道中これは勝てるかな?と思いましたが、3コーナーから追いかける脚が鈍り四角では外から来たエカテリンブルクに被されてしまい、ここでゲームセットでしたね。


実は、
2歳札幌新馬2000mというのは、おそらく過去初めて?のレースです。netkeibaで調べたら2歳未勝利ですら過去四戦しか行われていない珍しいレース。この時期の2歳馬を、しかも新馬を洋芝2000m走らすのは過酷な厳しい戦いなのでしょう。


それを完調前のレベルで0.4秒差で食い下がったのですから、個人的には優秀な初陣だったと思います。

この時期の2歳馬は、成長度合いだけでなく、
調教、展開、枠順、天候馬場状態などで、大きく能力発揮が変わります。
相手関係も大事ですが、自分の能力を出し切るところが最初のポイントです。(だからレースが終わって勝負付けが済んだ!とかいう人がいますが、そんなものは存在しないのです)。

調教、仕上げ方、馬の性格やタイプで千差万別。
一番大事なのは、その馬の将来を考えた育成、調教なのかどうか?

今回のヴィアメントの仕上げ方、レース、本当に良い感じでした。母ダイワズームを管理していたこともありますが、個人的な鹿戸先生の評価も急上昇です。







こういう馬は強くなりますよ。

G誌を見たところ、11日札幌2000mのデビュー馬についていくつかコメントありました。

ヴィアメントは、調教はまだ早いタイム出していませんが、


鹿戸先生の期待コメントが載っておりまして、素質は間違いなく高いと力強いコメント。



しかし、


「馬っ気が強いので、パドックをいかに落ち着いて回れるかですね」by鹿戸先生




ん、、、

まさか、

ヴィアメント!お前もか!!


グローサーベアの悪夢が蘇ります。


FullSizeRender


ま、以前牧場いったときからグローサーベアは怪しい雰囲気ありましたけど、ヴィアメントは優等生で性格も真面目なので、ここまでにはならないと思います

(信じてます)



しかし、年頃の男の子は本当に困ったものです笑

タマタマ取られないようになんとか興奮を鎮めて欲しいですね。


幸い予想馬表では牝馬もいますが、頭数少なめなので興奮する要素は少し減るかな。スローペース必至の距離と頭数ですので、福永さん前目前目でお願い致します。

セレクトセール140Mのエカテリンブルク(ブラックタイド産駒)がいますが、ぜひ返り討ちにしてほしいものです。


ついにヴィアメントのデビュー詳細が明らかになりました。

グローサーベアが残念な結果に終わったので、こちらにかかる期待もおおきくなります。

その気持ちをわかってくれたのか、鹿戸厩舎にしては珍しくルメールを手配してきました!
てっきり三浦騎手と思い込んでいたので、驚きです。

今年鹿戸厩舎には、調べたところわずか3回しか騎乗していないですが、1着、3着、着外とまずまずの成績。

期待度が増していきます。
ただ、調教タイムは現時点でそれほどでもありません。

今週も函館ウッドで
5F70.2-54.4-40.0-13.1秒 馬なり

でマークしていますが、一週間前としては大きく強調するタイムでもないかなぁ。
来週追い切りどこまで攻めるかですね。
函館Wは2コーナー後にすぐ5F計測が始まるので加速して入りづらい形状と聞いたことがあります。5F70秒切って68秒台なら上々と言われてますので、馬なり余力でこのタイムでるなら来週はそこそこのタイムで追い切ってくるでしょう。


でもルメール手配できるんだから、かなり期待できそうです。


少し心配なのはルメールが昨年のような無双状態じゃないことですかね。。。

今年は2歳新馬戦で、ここまで17戦していますが、わずか3勝。ほとんどが1番人気の期待馬ばかりですから勝率としてはかなり悪いでしょう。しかも、直近最後に勝ったのは先日なくなったブルトガングで、残りも6月のワーケアとモーベットだけです。


というちょっと不安なデータもありますが、連対率は50%越えてますので巡り合わせでしょう。
是非ルメール騎手には勝利を期待したいです!!


追加:
Netkeiba掲示板で目ざとい方が見つけたのですが、サンデー藤沢和雄厩舎のカトゥルスフェリスが同じ日の8/11新潟にルメール騎手でデビュー予定との話があるそうです。当日は関屋記念とエルムステークスがあるので、ルメールの重賞お手馬次第で札幌、新潟決めるのかもしれません。ルメール騎手ここまで一貫して北海道から外に出てませんが、カトゥルスフェリスはアメリカGI5勝馬のステファニーズキトゥンの初仔ですからね。。。
藤沢ノーザンの力的にも、能力あるようなら藤沢先生が強引に誘って新潟遠征も十分ありえるでしょう。





グローサーベアの大暴れ&去勢のニュースに続き、またもや衝撃のニュースが。


順調に、調整されているヴィアメントですが、こちらは8/11札幌芝2000mで、デビューです。

2歳のこの時期に、中距離でデビューなんてワクワクしちゃいますね。

でも鹿戸調教師の、コメントには続きがあり、、、

鹿戸調教師は「動きはいいですね。牡、牝馬問わずにお気に入りの馬が近くにいると興奮してしまうような面はありますが、けさは牝馬と併せてみたが、特に問題なかったです。



・・・・・


ちょっと待て!w
どっちでもいいんかい!!!



いやー、グローサーベアの強烈な馬っ気に続き、
前途多難な、気配が。。。

まあ、ヴィアメントはもともと性格がいい馬だし、2000mの距離も操縦性含めて合うでしょう。


しかし、今年のオフサイドトラップ厩舎は、



変態チックな馬が多くて困ります笑

↑このページのトップヘ